FOUR SIS &CO.

FOUR SIS &CO.

結婚式前に撮影しておこう!メリットや流れなど前撮りの基本情報

結婚式の前に衣装を着用して撮影する前撮りは、人気の高いサービスです。その一方で、結婚式当日にも写真を撮るため、前撮りをすべきか悩んでいる人も少なくありません。しかし、前撮りにはさまざまなメリットがあるのです。

結婚写真の前撮りとは?

前撮りは、結婚式の前に結婚写真を撮影することです。前撮りの写真は、自分たちの記念になるだけでなく、結婚式で活用することができます。たとえば、ウェルカムボードへの使用です。特に、個性的なウェルカムボードを作ることができ、ゲストに楽しんでもらえます。また、待合室に前撮りの写真を置いておくのもよいでしょう。当日は着用しない衣装を着た姿を見てもらえます。また、披露宴で使用するフォトムービーにも活用できます。生い立ちや付き合っている間の写真に加え、プロによって撮影された前撮りの写真を入れることで、ムービーのクオリティが高まるはずです。そのほか、当日ゲストに渡すギフトや、親戚に配るアルバム、結婚報告の年賀状、プロフィールカードなどあらゆるものに活用できます。

前撮りの依頼先は、結婚式場の専属業者や式場と提携している業者か、式場外の事業者のどちらかです。式場の専属業者や提携している業者に頼んだ場合、式場での写真撮影が可能です。また、プランナーが撮影の手配を行ってくれることが多いため、準備の手間を省くことができます。式場専属であれば、式場内の撮影スポットを知り尽くしているのも強みといえるでしょう。同じ業者に式当日の撮影を依頼すれば、当日のリハーサルとして前撮りを行うことができます。

外部のカメラマンやフォトスタジオに依頼すると、比較的手頃な料金で撮影できる傾向です。また、スタジオやプランによって特徴が異なり、たくさんの選択肢の中から自分たちの好みにより近いものを選べます。前撮りに対して細かい希望がある人は、外部のカメラマンやフォトスタジオに依頼するとよいでしょう。

前撮りのメリット!落ち着いて撮影できる!

前撮りでは、結婚式当日には着用できない衣装も着ることができます。結婚式や披露宴の衣装は、大量にある中から1着に絞っていかなくてはなりません。一般的には、ウェディングドレス1着、カラードレス1着、もしくは和装1着です。気に入った衣装がいくつかある場合、前撮りをするのであれば諦める必要はありません。当日はピンクのカラードレスで、前撮りは青のカラードレスにするなど、ぐっと雰囲気を変えることも可能です。色々な衣装を楽しみましょう。

結婚式当日の写真は、式場でしか撮影することができません。しかし、前撮りなら海や森など美しいロケーションや、スタジオの中で撮影することができます。ロケーションで撮影する場合には、予備日を作ることが多いため、晴れた日に撮影できるのもメリットといえるでしょう。また、結婚式当日は何かとバタバタしており、思ったようなシチュエーションで写真を撮るのがむずかしい状況です。背景や光加減など、すべてをベストな状態で撮影するのはほぼ不可能といえるでしょう。しかし、前撮りであれば、落ち着いた雰囲気の中でさまざまな部分にこだわれます。プロのカメラマンやヘアメイクのサポートを受け、撮影に集中することができるのです。

前撮りのデメリットは?費用がかかるかも

前撮りのデメリットを挙げるとすれば、別途費用がかかるという点です。前撮りの相場は、スタジオ撮影だと3~5万円、ロケーション撮影だと6~10万円となっており、スタジオ撮影のほうが比較的リーズナブルです。前撮りの費用は、撮影場所や選んだ衣装の数によって変わってきます。ロケーションは相場が高めですが、2人の思い出の場所での撮影や、季節を反映した撮影ができるため人気です。バリエーションが豊富なため、個性的な写真や、おしゃれな写真など、自分たちの好みに応じた写真が撮りやすくなります。

場所や衣装によっては、2万円以下での前撮りをしたというカップルもいるようです。ただし、前半分だけのワンタッチ着物や、小さなデジカメでの撮影など、クオリティは下がります。また、カット数が多くてもデータは1カットのみという場合もあるのです。反対に、50万円以上の費用をかけて前撮りをするカップルもいます。前撮りの費用には、衣装代が含まれている場合とそうでない場合があります。また、着付け代や衣装の小物などが別料金になる場合もあるため、注意が必要です。

一般的な前撮りの流れを確認

一般的な前撮りの流れをみていきましょう。まずは、前撮りを頼みたいスタジオを決めます。前撮りをする半年前までに決定するのが一般的です。撮影のギリギリに決めてしまうと、撮影したかった日がほかのカップルに抑えられてしまう可能性があるからです。特に、紅葉など季節感のある写真を希望するのであれば、早めの予約が必須といえます。スタジオの雰囲気や設備、写真のテイストなどを基に選びましょう。

次に、スケジュールや納期の打ち合わせを行います。結婚式で前撮りの写真を活用するのであれば、納品にかかる時間も考えて余裕をもったスケジュールを組んでおきましょう。同時に、撮影プランの選定も行います。予算や撮りたい写真のイメージ、着たい衣装などに合わせて希望を伝えましょう。衣装選びも事前に行います。スタジオに衣装がある場合は、事前に試着する必要があります。自分で衣装を持ち込む場合も、小物やヘアメイクの打ち合わせが必要です。

当日は、まずヘアメイクからスタートし、着付けを行います。そのため、前開きができる服装だと着付けの際に便利です。撮影後は、当日もしくは後日に、データ納品したりアルバムに入れたりする写真を選びます。納品は、後日となります。

前撮りは行う時期は?結婚式の何カ月前が良い?

一般的に、結婚式当日から2~3カ月前に行われることが多いです。特に、結婚式の演出に写真を使う予定がある場合は、2~3カ月前に前撮りをしておくと安心といえるでしょう。なぜなら、写真撮影から納品までは1カ月以上かかることが多いからです。これは、撮った写真に色修正などをしてから納品するためです。そのため、結婚式の1カ月前に前撮りをしても、データ納品が間に合わない可能性があります。

また、結婚式で流す映像に使用したり、アルバムや写真台紙を作ったりする場合は、2.5~3.5カ月前ともう少し早めの撮影が安心です。映像に使用する場合は、映像を制作する業者に前撮りのデータを渡してから納品してもらうまでさらに1カ月ほどかかります。さらに、式場で映像が流れるかチェックし、流れない場合を想定しておく必要があります。そのため、なるべく早めに前撮りしなくてはならないのです。アルバムや写真台紙を作る場合も、写真を選んでレイアウトをするのに時間がかかります。

季節感のある写真を撮る場合は、2~3カ月よりももっと早い時期の予約が必要です。桜のシーズンを予約したい場合、4月上旬付近と時期が限られています。早いカップルは、10~12月頃に予約を入れているため、早めに動くとよいでしょう。同じ理由で、紅葉シーズンも人気のため、早い時期の予約が必要です。

ロケーション撮影にもってこい!前撮りで人気の季節は?

前撮りで人気があるのは、新緑が爽やかな5月です。特に、ゴールデンウィークは人気が高いです。次に人気があるのは、桜が美しい4月です。どちらも気候がよいため、いろいろな衣装を選ぶことができます。春風の吹く心地よい季節なので、和装でも暑くないですし、ドレスでもそこまで日焼けを気にする必要がありません。桜だけでなく、菜の花やネモフィラ、芝桜などを使い、春らしい1枚を撮影することができます。和装と新緑も相性がよく、和装が映えて見えます。和装で前撮りを考えているのであれば、紅葉が美しい秋もよいでしょう。赤や黄色、オレンジのフォトジェニックな景色が和装を美しく引き立てます。紅葉の中で和傘を使い、あえてシルエットで撮影すれば、映画のワンシーンのような1枚になるはずです。

一方、7月や8月は避けたほうが無難です。気温が高いため、屋外での撮影だと汗でメイクが崩れてしまう可能性があります。また、ドレスやタキシードは通気性があまりよくないため、熱がこもって体感温度がぐっとあがってしまいます。ただし、値引や特典付きなどキャンペーンが行われやすいのもこの時期です。そのため、海辺で南国感あふれる写真を目指すのであれば、ミニドレスなど衣装を工夫して撮影するとよいでしょう。

1~2月は、寒さが厳しいため人気が低いです。寒さのあまり表情が硬くなってしまったり、すかっと晴れる日が少なかったりします。イルミネーションや雪など、どうしても冬ならではのシチュエーションで撮影したい場合は、ファー付きのドレスや羽織を着ることで、寒さ対策になります。人気が低いため、予約しやすいシーズンともいえるでしょう。

前撮りの種類は2つある!

前撮りには「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2種類があります。スタジオ撮影は、結婚式場や提携業者のスタジオで撮影する方法です。カメラマンなど必要最低限のスタッフしかいないため、人目を気にせず撮影することができます。プロに撮影してもらうのに慣れておらず、緊張してしまいそうというカップルは、アットホームなスタジオを選ぶとのびのびと撮影できるでしょう。屋内での撮影のため、その場でヘアメイクや着替えを済ませることができ、撮影時間をそんなに必要としません。

また、天候に左右される心配もありません。自然光とは違い、光量が安定しているため、細かく照明を調節してもらうことができます。そのため、ベストな状態できちんと感のある写真が撮れるのです。さらに、ロケーション撮影と比べると移動費がかからない分、費用が安くすみやすいのもメリットといえます。

一方、ロケーション撮影は屋外で撮影する方法です。チャペルや神社、有名庭園、公園、海辺など、さまざまな場所で撮影することができます。その季節ならではの自然の中で撮影することができ、ナチュラルかつロマンチックな仕上がりになります。ただし、観光スポットだと人が多すぎて写真が撮りにくかったり、周囲の目線が気になったりすることもあるため、場所選びには気を付けましょう。

天候に左右されやすいというデメリットもありますが、お花畑や海辺などフォトジェニックなシチュエーションで撮影すれば、個性的な写真を残すことができるのです。自分たちのアイデアを詰め込んだ、納得の1枚になるはずです。思い出の場所や豊かな自然の中で撮影すれば、自然に笑顔がこぼれ普段の2人を感じられる写真となります。

前撮りで着る衣装は?着数は?

前撮りは、ウェディングドレスや色打掛、白無垢などで撮影する人が多いです。ウェディングドレスには、さまざまな種類があります。プリンセスラインはさまざまな体型に合わせやすく、存在感があるため、広い場所や教会などに適しています。Aラインは、身長を高く見せたい人に向いており、エンパイアラインはウエスト部分が締め付けられないため、妊婦さんでも安心して着用できます。2着目として人気の高いミニドレスは、ビーチフォトやレトロな印象の写真との相性がよいドレスです。

色打掛を前撮りで着用する場合、青や金、赤などが人気です。中でも赤は結婚のおめでたさを引き出すことができるため、着る人が多いカラーといえます。男性は、女性が和装であれば紋付袴、洋装であればタキシードを着る傾向です。新婦は2着、新郎は1着が相場となっています。カップルの自然な姿を撮影するエンゲージメント撮影の場合は私服です。

前撮り撮影に臨む際のポイントとは?

前撮り撮影当日までに、ある程度準備をしておくことで、当日の撮影をスムーズに進めることができます。まずは、自分で用意すべき小物やアクセサリーなどは揃えておきましょう。屋外で撮影する場合には、手鏡をもっていくとメイクやヘアのチェックに便利です。撮影が長時間になりそうな場合は、多少のお金をもっていき、食べ物や飲み物が買えるようにしておきましょう。撮影当日をベストコンディションで迎えるために、肌のお手入れは欠かせません。顔や首もと、背中などシェービングをしておくと化粧ノリがよくなり写真うつりもよくなります。特にズームで撮られがちな手は要注意です。男性もヒゲの手入れはもちろん、スキンケアもしっかりしておきましょう。

また、体調管理も大切な準備の1つです。撮影の前日はしっかり睡眠をとりましょう。緊張しやすいカップルは、事前にポージングを練習しておくとよいでしょう。当日カメラマンが指示を出してくれますが、苦手なポーズがある場合は、それを伝えたうえで撮りたいポーズを提案することでスムーズに撮影が進みます。

結婚写真の撮影なら前撮りがおすすめ

前撮りは、結婚式の演出にも使え、思い出にも残るためおすすめです。たっぷり時間を使い、2人が納得のいく写真をとことん追求することができます。前撮りの基本情報をきちんと把握し、心も体もベストな状態で撮影に臨みましょう。

SNSで記事をシェアする

前の投稿 フォトウェディン… おすすめの結婚写… 次の投稿

PHOTO MARIAGE TOPICS

Pagetop