FOUR SIS &CO.

FOUR SIS &CO.

結婚式の前撮りをするなら!決める前に知っておきたいことやメリット

写真撮影は結婚式の段取りを進めるうえで、特に注意したいポイントのひとつです。結婚式の写真は一生の記録となるため、美しく幸せな雰囲気を収めた写真を残したいところです。そして、「前撮り」を行うカップルも増えてきました。しかし、本当に前撮りの意味があるのか、半信半疑の人も多いでしょう。前撮りをするならメリットや注意点も踏まえておくべきです。この記事では、結婚式に向けた前撮りについて詳しく解説していきます。

前撮りとは?前撮りする理由は何?

結婚式ではカメラマンに依頼して、カップルを中心に写真撮影を行うのが普通です。そして、前撮りとは結婚式を行う前、別の日にカップルが集まって結婚の記念写真を撮影することです。とはいえ、身につけるのは実際に当日にも着る予定の衣装が一般的です。また、結婚式の会場をそのまま使って前撮りを行うケースも少なくありません。前撮りは結婚式における必須のイベントではないため、やらないカップルもたくさんいます。しかし、結婚式当日では撮影が難しい雰囲気の写真も撮れるため、利用するカップルは徐々に増え続けています。

結婚式の前撮りと似た感覚のイベントとして「成人式の前撮り」があげられるでしょう。成人式でも、別日に振袖やスーツを着て記念撮影する新成人が増えています。当日はどうしてもスケジュールがつまっていてゆっくり撮影を行う余裕がなくなるため、前撮りの人気は高まっています。結婚式の前撮りもまた、リラックスした雰囲気のなかでさまざまなポージングや演出を試せる機会です。

なかには、特別な事情があって前撮りを希望するカップルも珍しくありません。結婚式の「予行演習」としても前撮りは効果的です。会場のムードをつかんだり、衣装の着こなし方を実際に理解できたりすると、当日はよりきれいにカメラに収まることができます。また、結婚式当日のメイクやヘアスタイルの感覚を知るためにも、前撮りは有効です。式への不安を少しでも解消できるなら、前撮りは大切な時間だといえるでしょう。

前撮りをしておくとどんなメリットがある?

カップルが前撮りを行うメリットはいろいろです。まず、「撮影に集中できる」ことは見逃せないポイントです。結婚式当日は細かい段取りや挨拶があり、カップルは緊張しながら過ごしています。そのため、カメラを常に意識できるとは限りません。カメラを向けられたとしても表情が強ばってしまうおそれがあります。しかし、前撮りは予行演習という意味も含まれるためくつろぎながら撮影に臨めます。ともすれば、当日以上に活き活きとした表情でカメラマンに撮ってもらえるでしょう。つぎに、「当日とは違う衣装を楽しめる」のもメリットのひとつです。カップルによっては、あえて本番には着ない衣装を前撮りで着ることがあります。特に、どうしても着たい衣装を予算の都合であきらめたなどのケースでは、前撮りだけレンタルして思い出の写真に残せるでしょう。

そして、「ロケーション」も前撮りならではの魅力です。結婚式の会場ではない場所で前撮りを行うと、ロマンチックな写真がたくさん撮れます。屋外やスタジオ撮影のほか、京都のように美しい街並みも前撮りでは人気です。そのほか、「女性の都合」も前撮りが好まれる理由です。花嫁が妊婦さんだった場合、結婚式ではお腹が目立ってしまうリスクがあります。まだスリムなうちに記念撮影をしたいという女性の願いをかなえるために、前撮りが選ばれるケースも出てきます。

前撮りの相場はどれくらい?

基本的に、結婚式の写真撮影と前撮りでは別途の料金が発生します。プランナーや式場によって相場は変わるものの、実際に前撮りを行ったカップルのなかでは5~10万円以内が料金の目安となっています。ただし、あくまで前撮りは予行演習で、本番は結婚式当日だと考えているカップルも少なくありません。その場合、前撮りにお金をかけたくないので5万円以内に収めようとすることもあります。とはいえ、いざ前撮りを計画するなら予算は余裕を持って確保しておくのが得策です。10万円前後を予算にして、プラン内容を調整していきましょう。

前撮りの費用を決めるポイントとしてはまず、「フォトスタジオ」があげられます。実績が豊富なフォトスタジオで撮影してもらうなら、当然料金も高くなります。また、遠方の観光地などで撮影する際も料金は加算されるでしょう。つぎに、「衣装の数」も重要です。衣装を多く着るということは、それだけレンタル料金もかかります。そして、「撮影カット数」が多くなれば、やはり費用は高くなるでしょう。ただし、式場によってはお得なパック料金を用意しているところもあります。衣装やカット数の上限内であれば、どれだけ着替えたり写真を撮ったりしても追加料金がかからないシステムです。こうしたパック料金は必ずどこの式場やスタジオでも実施しているわけではありませんので、前撮りをするときにはどんなプランがあるかスタッフに相談しましょう。

あらかじめ決めておくことをチェック

前撮りの予算は、細かいポイントを決めておかないと正確に算出できません。また、前撮りに向けてカップルが準備すべきこともたくさんあります。前撮りは早めにスケジュール調整することが賢明です。以下では、前撮りに関して事前に決めておくべき内容を紹介していきます。

事前準備1:撮影時期はいつにするか

前撮りの事前準備としては、まず「撮影時期」を決めましょう。結婚式から遠すぎる日程にしてしまうと、カップルが気持ちを維持することは難しくなります。逆に、日程が近すぎても当日の準備に忙しくてスケジュールを合わせにくいでしょう。実際に、前撮りを行ったカップルは式の1~2カ月前に済ませておく傾向があります。この時期になると結婚式の段取りはかなり決まっており、雰囲気を想像しやすくなっています。また、カップルの式への意識も強くなっているでしょう。高いモチベーションで前撮りに臨めます。

ただし、前撮りのタイミングに絶対的な正解はありません。カップルによっては、前撮りで気分を盛り上げて間を置かずに本番を迎えたい場合もあります。そんな理由で、結婚式前の1カ月以内に前撮りをするカップルもいます。さらに、カップルの予定を合わせるのが難しければ、結婚式の1~2カ月前に前撮りを予約できると限りません。スタジオの状況によっては、日程を変更しなくてはいけない場合も出てきます。2~3カ月前、あるいはもっと前に前撮りをするカップルも珍しくないのです。

前撮りの理想的なタイミングは、あくまでカップルの都合で決めても問題ありません。ただし、可能なら1~2カ月前に行うのがいろいろと便利です。この頃にはすでにゲストや余興なども決まってきているため、予行演習として前撮りをする意味が強まります。前撮りで本番の空気感をつかんでおけば、結婚式では落ち着いてプログラムをこなせるようになるでしょう。

事前準備2:費用はどれくらいかけるか

前撮りの相場は10万円前後です。ただし、費用はカット数によって大きく左右されます。前撮りはおよそ100~200カット以上で頼むカップルがほとんどです。これ以上撮影してもらう場合には、費用はさらに高くなると考えていいでしょう。カット数が多くなれば、それだけ余裕を持ってポージングができます。試してみたいポーズをその場で考えついても、気軽に提案しやすいでしょう。また、カット数が多いとお気に入りのカットをボツにする必要がなくなります。好きな写真をすべて保存しておくには、カット数が多いにこしたことはありません。

しかし、カット数が多いと必ずしも写真のクオリティが上がるわけではないので注意しましょう。カメラマンによっては、指定カット数が多いと気がゆるんでしまうこともあります。こうしたカメラマンは、少ないシャッターチャンスでいい写真を撮る必要がないため、やたらと連写をするようになります。そうなると、ポリシーが定まっていないのでかえって被写体の魅力が薄まった写真になりがちです。もちろん、カット数が何枚だろうと変わらずきれいな写真を撮ってくれるカメラマンはいます。カット数を増やすときは、カメラマンの腕前を確かめてからでも遅くはないでしょう。

そのほか、前撮りの費用はフォトスタジオによっても変わってきます。カップルだけで悩むよりも、実際にスタジオと相談して料金を決めるのが効率的です。なお、前撮りに集中しすぎるあまり、ほかのイベントにかかる費用を見落とさないようにしましょう。式本番のほか、新婚旅行など、結婚にはいろいろなお金がかかります。前撮りに予算を割きたいなら、ほかのイベントと調整して適切な額を見極めましょう。

事前準備3:どんな衣装にするか

前撮りでは、衣装も大事なポイントです。まず、何着の衣装を着るのかを早めに決めましょう。多くのフォトスタジオが衣装の数によって撮影料金を変えています。予算と相談しながら、カップルが満足できる数の衣装を用意してもらいましょう。つぎに、衣装の内容を決めていきます。前撮りを結婚式の予行演習として捉えているなら、本番と同じ衣装を着るのもひとつの方法です。慣れた衣装で本番に臨めば、よりきれいに見えるポーズや表情をカメラに向けられます。ただし、バリエーションを楽しむなら前撮りだけの衣装を着てみてもかまいません。むしろ、本番とは違う衣装が着られるからこそ前撮りを予約するカップルもいます。また、本番とは違う会場で前撮りを行う場合、シチュエーションに映える衣装も変わってきます。前撮りだけの衣装で、結婚式とは打って変わった写真を残しておくのも素敵な思い出づくりになるでしょう。

当日とは違う衣装を着る場合、できるだけ本番のイメージから離れた衣装が選ばれる傾向にあります。結婚式は一生に何度もある機会ではないので、さまざまな衣装を試してみたいとの思いが働くからです。たとえば、当日は洋装のウェディングドレスを着る花嫁なら、前撮りは和装で白無垢(しろむく)にするなど、趣向を変えてみましょう。さらに、華やかで女性らしい色打掛(いろうちかけ)も、前撮りでは人気の衣装です。結婚式当日は白を着なければいけないという思い込みが強いため、色打掛を選ぶ花嫁は少数派になりつつあります。とはいえ、衣装としては非常に魅力的なので、前撮りでは多くの花嫁に愛されているのです。そのほか、結婚式当日ではなかなか着られないような、カジュアルなドレスを前撮りであえて着てみるカップルもいます。

事前準備4:撮影場所やコンセプト

前撮りの完成度に大きく関わるのが「撮影場所」です。また、撮影当日の段取りも場所によって違います。当日になってあわてないためにも、前撮りの場所はじっくり考えて決めましょう。前撮りの場所は「ロケーション撮影」と「スタジオ撮影」に大きく分けられます。ロケーション撮影では、本来、衣装で出向かないような場所で撮影ができるため写真にオリジナリティが生まれます。また、カップルの思い出の場所を選べるのもメリットです。一方、スタジオ撮影では結婚式ならではの神聖な雰囲気を味わえるでしょう。

ロケーション撮影とスタジオ撮影で、いずれを選ぶかはカップルの好みによるものの、天候を考慮しておくとトラブルに遭遇する確率が低くなります。もしも当日の天気がよければロケーション撮影だけでも問題はありません。しかし、もしも天気が崩れてしまったらロケーション撮影は延期になってしまいます。最悪の場合、前撮りの予定そのものが流れてしまうおそれもあります。万一の場合を考えて、ロケーション撮影をするときもスタジオ撮影の可能性は残しておきましょう。

ロケーション撮影においては、場所の選択肢がたくさんあるため迷いがちです。スタッフに任せると式場の庭、屋上などを提案されることが少なくありません。しかし、カップルだけの個性を加えたいなら、希望の場所をリクエストしてみましょう。観光地などであれば追加料金がかかることも考えられるため、予算にも十分注意します。そして、スタジオ撮影においてはコンセプトづくりが重要です。「かわいさ中心」「真面目さをアピール」など、コンセプトがはっきりしていると用意するべき小物類が見えてきます。カメラマンも的確な指示を出してくれるようになるため、どんな写真にしたいのか明確に要望を伝えましょう。

フォトスタジオに問い合わせてみよう

前撮りは結婚において必須のイベントではありません。しかし、前撮りを行うメリットはたくさんあります。結婚式当日は何かと忙しくて写真まで気にしていられないようなら、余裕のあるうちに前撮りで納得のいくウェディングフォトを記録しておきましょう。一方で、前撮りには費用から衣装、撮影場所など決めるべきポイントがいくつかあります。後悔しない前撮りにするには、フォトマリアージュで専門家に提案してもらうのが得策です。

 

SNSで記事をシェアする

前の投稿 ウェディングの前… 結婚式当日や前撮… 次の投稿

PHOTO MARIAGE TOPICS

Pagetop