FOUR SIS &CO.

FOUR SIS &CO.

活かしたい前撮りのメリット!アイデアポーズで最高の記念写真にしよう

大切な人との結婚は、人生で最も幸せな出来事のひとつです。その思い出をきれいな写真で残したいと、前撮りを希望する人も多いでしょう。ただ、せっかく美しくドレスアップしてプロに撮影してもらうのに、定番の写真しか撮れないのでは物足りません。新郎新婦の幸せな気持ちが伝わるよう、前撮りならではのメリットを生かした印象的なポーズに挑戦してみましょう。今回は、前撮りのポーズに悩んでいる人のために、具体的なポーズのアイデアを紹介していきます。

写真を前撮りするメリットとは?

そもそも、なぜ結婚式前に前撮りをするのか不思議に思っている人もいるでしょう。たしかに、結婚式の当日でも、式の様子をプロに撮影してもらうことはできます。それでも、わざわざ時間を取って前撮りを行うのは、結婚式当日の撮影では不可能なメリットがあるからです。最も大きいのは、余裕を持って写真撮影に集中できるという点でしょう。ゲストを招いてさまざまな工程をこなす結婚式当日は、まさに分刻みのスケジュールとなります。ゲストのおもてなしも必要不可欠となるため、写真撮影のために時間をかけることは難しいのです。

この点、前撮りであればゲストが参加しないため時間をすべて写真撮影に費やせます。場所やポーズにこだわれますし、撮影だけに集中できるのです。また、前撮りでは前撮り用の衣装を選ぶこともできます。たとえば、結婚式ではウェディングドレスやお色直しのカクテルドレスを着る予定でも、前撮りでは和装を選んでも構いません。あえて結婚式で着ない衣装を選ぶことで、いろいろな衣装を思い出に残せます。

さらに、結婚式の予行演習としていろいろ試せる点も魅力です。前撮りでは、衣装だけでなく小物類やヘアスタイル、メイクも本番さながらに整えます。このため、実際にすべてセットしてみて「思っていた仕上がりと違う」と思ったら、修正を相談できるのです。前撮りをしなければ、結婚式当日に衣装やヘアメイクに問題が発覚して修正が間に合わず、せっかくの結婚式が台無しになってしまうかもしれません。結婚式は簡単にはやり直しがきかないため、事前に問題がないか確認できる機会があるのは大きなメリットです。

前撮りポーズ1.後ろ姿

前撮りポーズとして非常に人気が高いのが、2人で後ろを向いた姿です。せっかくヘアメイクや衣装をバッチリ整えているのに、後ろ姿では意味がないのではと思う人も多いでしょう。しかし、後ろ姿には後ろ姿ならではの魅力も意外と多いのです。まず、通常ではなかなか写真に残らないポーズである点。結婚式では多くのゲストが写真撮影をしてくれますが、そのほとんどは前から撮影しています。顔や衣装のデザインがわかりにくい後ろ姿の写真は、わざわざ撮らない人が多いのです。しかし、ドレスの中にはトレーンやリボンなど、バックスタイルが美しく印象的なデザインになっているものも少なくありません。

前からの写真ばかりでは、せっかく悩みぬいて選んだドレスのデザインが思い出に残りにくくなってしまいます。トレーンやリボンなどに一目ぼれして選んだドレスであれば、バックスタイルもきれいな写真に残しておくと記念になるでしょう。結婚式の最中は、トレーンやリボンの形を整えて撮影する時間やスペースがないことも多いため、前撮りで残しておくと安心です。特にトレーンがお気に入りの場合は、床ではなく階段で撮影すると良いでしょう。傾斜がつくため、トレーンをより美しく写真に収めることができます。

このとき、真後ろから直立不動の姿ではなく、軽く振り返るように斜め後ろを向いた様子を撮影すると、動きのあるきれいなシルエットになります。新婦だけ振り向く、振り向いた顔はいたずらっぽくウインクするなど、単に振り向くだけでなくいろいろと工夫すると個性的な写真になるでしょう。

前撮りポーズ2.キスシーン

人気の前撮りポーズには、キスシーンも挙げられます。キスシーンは、新郎新婦のラブラブっぷりを伝えるのにピッタリなポーズです。人前では恥ずかしくてなかなかキスできないという新郎新婦も、ゲストがいない前撮りならチャレンジできるのではないでしょうか。実は、結婚式当日はキスシーンの撮影が難しいので、前撮りならではのポーズといえます。「キスなら挙式のときにするのでは?」と思うでしょうが、結婚式場によっては挙式の最中は写真撮影を控えるよう指示されるケースもあるのです。披露宴でもキスの演出はしないことが多く、衣装を着た状態でキスシーンを撮影するチャンスはなかなかありません。

幸せや2人の仲の良さを象徴するポーズでもあるので、前撮りの機会を逃さず撮影してもらいましょう。ただ、ゲストがいないとはいっても、撮影スタッフは周囲に控えています。どうしても人前でのキスが恥ずかしい場合は、どちらかが軽く頬にキスするポーズにするとほほえましく見えるでしょう。唇どうしでキスする場合は、あまりハッキリと写真に残すと後から見返したときに恥ずかしくなってしまう可能性もあります。オシャレできれいな印象にするために、口元をブーケや小物、手などで隠しながら撮影すると良いでしょう。

前撮りポーズ3.手元足元だけ

せっかく写真に撮るなら、全身の写真を残したいと思うでしょう。しかし、全身写真は多くの新郎新婦が必ずといって良いほど選ぶ定番ポーズです。定番の写真だけでは物足りないと思うなら、全身写真を何枚も撮影するのではなく、手元や足元だけをクローズアップした写真も取り入れるとアクセントになるでしょう。手元や足元は、前撮りや結婚式当日でも注目されにくい場所でもあるので、アップの写真を残しておくと良い記念になります。手元のアップを撮る場合、新郎新婦で手をつなぐポーズが人気です。

ほかにも、指切りをしたり2人の手でハートを作ったりすると、夫婦の絆を感じさせます。お互いの小指を赤い糸で結ぶというのも、遊び心があって良いでしょう。また、手元を撮影することで、結婚指輪や婚約指輪もきれいな写真で残すことができます。万が一、将来指輪をなくしてしまったとしても、思い出として写真に残っていれば安心です。足元のアップは、さまざまなポーズを楽しめるのが特徴です。2人で横に並んだり、向かい合って立ったり、座って自然な形で投げ出したりしてみましょう。そのままではシンプルな写真になりがちなので、片足を少し引いてみる、つま先立ちをしてみるなど、見えていない上半身の様子を連想させるポーズにすることがポイントです。

前撮りポーズ4.2人でジャンプ

幸せいっぱいで弾けるような姿を写真に残したい場合は、2人でジャンプするポーズも良いでしょう。青空や海、花畑など美しい自然の中で思いっきりジャンプしている写真を撮影すれば、嬉しさや楽しさが伝わる1枚になります。明るい雰囲気を演出できるので、結婚式のウェルカムボードとしても活用しやすいです。ジャンプする姿など結婚式ではほとんど見られませんし、裾の長いドレスや和装では難しいポーズなので、まさに前撮りならではの特権といえるでしょう。

写真を撮る場合、大きくジャンプするか小さくジャンプするかで雰囲気を変えることができます。小さなジャンプなら、ちょっとしたイタズラっぽさや遊び心を表現できますし、大きなジャンプは元気いっぱいで楽しい雰囲気になります。2人の気持ちやコンセプトに合わせて、ジャンプする大きさも工夫してみましょう。ちなみに、ジャンプ写真を撮る場合は新婦のヘアスタイルにも注意しましょう。きっちりとしたまとめ髪にしていると、せっかくのジャンプの躍動感が半減してしまいます。あえてヘアスタイルを整えずナチュラルなダウンスタイルにしたり、大きなウェーブをつけたりすると、よりエアリー感が出てジャンプの良さを表現できるでしょう。

前撮りポーズ5.寝転ぶ

意外性のある写真にしたいなら、思い切って床や地面にゴロンと寝転ぶポーズに挑戦してみましょう。寝転ぶことで、まるで自宅でくつろぐかのような、ほのぼのとした雰囲気の写真が撮影できるだけでなく、ふわふわのドレスの中に新婦が包まれているようなかわいらしい写真にもなります。寝転んだ2人の上に色とりどりの花びらを散らして撮影するケースも多く、立ったままでは不可能なロマンチックな写真に仕上げることも可能です。また、森の中など屋外で寝転ぶポーズを撮影すると、まるで絵本の中のワンシーンのような非日常感のある写真になるでしょう。

ただし、着用するドレスによっては屋外で寝転ぶポーズが禁止されることもあるので、事前の確認が欠かせません。寝転び方はさまざまですが、スタンダードなのは腹這いに寝転んで、カメラのほうを向くというポーズです。このとき、視線はカメラから外すと自然な雰囲気が出て良いでしょう。お互いの顔を見たり、向かい合って寝転ぶ新郎新婦をカメラが横から撮影したりするのがおすすめです。ほかにも、仰向けに並んだり、新郎と新婦が逆さまに寝転んで見つめあったりするなど、さまざまなポーズがあります。

前撮りポーズ6.ハグ

前撮りの定番ポーズといえば、やはりハグは外せません。2人で仲良く抱き合っている姿からは、幸せいっぱいという様子がひしひしと伝わってきます。ハグの写真を撮影する場合、お互いに向き合って抱き着くポーズが基本です。男性は女性の腰に、女性は男性の首に手を回すときれいなシルエットになります。そのまま見つめ合うのも良いですが、おでこや鼻の頭をコツンと合わせるのも動きがあって面白いでしょう。顔を近づけるのが恥ずかしい場合は、向かい合わせではなく、どちらかが後ろからハグをするという方法もあります。後ろから新婦が新郎に抱き着くポーズならかわいらしさ、新郎が新婦を抱きしめるポーズなら安心感や頼りがいなども表現できます。

ハグの写真は、抱き合う2人を横から撮影するのが一般的です。正面や後ろからでは、新郎新婦の表情が見えなくなってしまうので注意しましょう。ただ、あえて後ろから撮影し、どんな表情をしているか想像をかき立てるのも面白さがあります。また、2人の顔ではなく、首に回した手に焦点を当てて撮影すると、まるでポスターのようなオシャレな写真になります。ポーズのバリエーションが非常に豊富なので、自分たちらしさを表現できるものを探してみましょう。

前撮りポーズ7.トリックフォト

「ほかの前撮り写真とは違うユニークな写真が撮りたい!」という場合は、トリックフォトもおすすめです。たとえば、遠近法を利用すると、新婦の手のひらに新郎が乗っていたり、新婦が新郎をつまみ上げたりしているように見せることができます。カメラの近くで指輪や帽子をかざし、遠くに新郎新婦が立てば、まるで指輪や帽子の中に2人がいるようなオシャレな写真になるでしょう。ほかにも、誰かが持つ額縁の中に収める、風船を持ったままジャンプして浮き上がっているように見せるなど、さまざまな方法があります。

トリックフォトと聞くと難しそうですが、工夫次第で簡単にユニークな写真が撮れるのです。楽しいトリックフォトなら、結婚式当日のウェルカムボードや演出に使うこともできます。ゲストが思わず「あの2人らしいな」と笑うような写真が撮れれば、単なる記念写真ではなく、ゲストにとっても良い思い出になるでしょう。

前撮りポーズ8.プロポーズの再現

結婚する前にほぼ必ずあるイベントといえば、プロポーズです。中にはプロポーズなしの阿吽の呼吸で結婚を決める新郎新婦もいますが、多くの場合は何かしらの形でプロポーズがあったでしょう。動画などで撮影していない限り、プロポーズシーンは再現しないと写真に残せません。前撮りは良い機会なので、プロポーズを連想させる写真を撮影して思い出を残しておきましょう。実際にプロポーズされた場所でその様子を再現するほか、あえて撮影用にスタンダードなプロポーズシーンをやってみるという方法もあります。

新郎が新婦の前にひざまずいて花束や指輪の箱を差し出したり、後ろ手に花束を隠した新郎の背中越しに新婦を撮影したり、一目で「プロポーズだ」とわかるポーズにするのがポイントです。2人のドキドキやワクワクが伝わると、見る人も思わず笑顔になるでしょう。

カメラマンにイメージを伝えよう

前撮りを成功させたいなら、まず自分たちがどんな写真にしたいのか、どんなコンセプトを持っているのかを明確にしたうえでポーズを決めることが大切です。ただ、漠然としたイメージはあっても、実際にはどんなポーズが良いのかわからないこともあるでしょう。そんなときは、前撮りの経験が豊富なカメラマンに相談するのがおすすめです。数多くの前撮りを成功させてきたカメラマンなら、こだわりのイメージを伝えればピッタリのポーズをアドバイスしてくれることもあります。

どこのカメラマンが良いか迷ったら、京都にあるフォトマリアージュに相談してみましょう。和装・洋装どちらの衣装も充実しているだけでなく、撮影プランも豊富に準備されているため、新郎新婦の希望に沿った前撮りを提案してくれます。日本の古都ならではの情緒あふれるロケーション撮影も大きな魅力なので、興味のある人はホームページをチェックしてみましょう。

 

SNSで記事をシェアする

前の投稿 ロケーションフォ… 瞬間を宝物に変え… 次の投稿

PHOTO MARIAGE TOPICS

Pagetop