FOUR SIS &CO.

FOUR SIS &CO.

前撮りの日に雨が!悪天候でも慌てないために知っておくべきこと

フォトウェディングでは、事前に日時やロケーションを決めて、野外で撮影が行われるのが一般的です。そのため、当日の天候次第では、雨の中で撮影をしなければいけないケースも十分考えられます。もし、せっかくの撮影の日の天気が悪いと慌ててしまうかもしれません。しかし、雨が降るのは十分予想できるケースであり、事前に心構えをしておきましょう。悪天候だったとしても当日に慌てないために注意すべきことについて解説します。

前撮り当日が晴れという保証はない

ウェディングフォトのロケーションは基本的に野外であり、毎日晴れているとは限りません。季節によっては、雨の降る確率がとても高い時期も存在します。そのため、絶対に当日は晴れるだろうと考えてしまうと、天気が悪くなっただけで気持ちが沈んでしまうかもしれません。せっかくのウェディングフォトで気分が落ちこんでしまうと、表情にまであらわれてしまうでしょう。写真は一生残るものであり、できるだけ良い表情で撮影したいものです。

当日に気持ち良く撮影に臨みたいのであれば、万が一天気が悪かったときのこともしっかりと考えておきましょう。あらかじめ複数のプランを用意しておくと、当日に雨が降ったとしても別のプランを選ぶことで対応できます。ウェディングフォトの予約をするのは、1カ月以上も前であることが多く、そうなると当日の天気を正確に予想することは難しいです。また、直前の天気予報が晴れだったとしても、当日に大雨になってしまうケースもあります。あまり晴れの天気を期待しすぎることなく、ひょっとしたら雨や雪などが降るかもしれないことを覚悟しておきましょう。

スタジオごとに異なる雨の日の対応

当然、スタジオのほうでも当日の天気が悪くなる可能性は検討しており、そのための特別な対応を用意しているところも少なくありません。ただし、雨の日の前撮りについては、スタジオによって実際の対応は異なるため注意しましょう。たとえば、ロケーション撮影からスタジオ撮影に変更されることはよくあります。スタジオであれば屋内のため天候は関係ないのですが、撮影バリエーションが気になるでしょう。いろいろな背景を用意しているスタジオであれば、スタジオ撮影でも変化のある写真を撮ることができます。衣装も替えながら撮影ができ、十分満足できる写真が撮れるように努力してくれるでしょう。

あるいは、晴れてくるまで延期するというケースがあり、ひょっとしたらすぐに撮影可能となるかもしれません。しかし、季節によっては、連日雨が続いてしまい、何度も延期になってしまうこともあります。また、雨の中で撮影を行うというケースもあり、この場合は雨天を生かした演出を考えてくれます。たとえば、傘を使って撮影をすることも可能であり、晴天とはまた違ったおもむきのある写真を撮影できるでしょう。このように雨天のための準備をきちんと整えてくれるスタジオがあるのです。契約時点で雨の場合はどうするのかあらかじめ決めておくというケースが多いので、きちんと確認しておきましょう。

延期すると衣装の変更が必要?

雨が降ってしまいフォトウェディングを延期してしまった場合、衣装の変更をしなければいけないケースがあります。撮影の衣装は借りるものであり、日程がずれてしまうと衣装がほかの人に使われてしまうケースがあるからです。この場合、本来着る予定だった衣装を着られなくなり、別の衣装に変える必要があります。そして、衣装を変えなければいけないならば、それに合わせてヘアメイクも変更になる可能性があるでしょう。ヘアメイクは衣装に合わせて考えられているものだからです。また、マタニティの場合には、延期することで衣装が合わなくなる可能性があります。短期間でお腹が大きくなることが少なくないからです。

雨の演出が得意なスタジオもある

スタジオによっては雨の演出を得意としているところがあり、当日に雨が降ったとしてもその天候を生かした撮影をしてもらえます。延期する必要がなく、衣装を変える必要はありません。延期した場合のようにスケジュール調整をする必要もなく、メリットが大きいです。晴れの日には不可能だった特別な演出を考えてもらえるため、雨が降ってくれて良かったと思えるかもしれません。雨天に撮影したことが、後で振り返ると良い思い出となるでしょう。仮に雨天撮影になったとしても、料金が変わるということはありません。雨天に使える傘などのアイテムもすぐに用意してくれるでしょう。雨の演出に慣れているスタジオならば、臨機応変に対応でき、不安を感じることは少ないといえます。

演出に活かせば恵みの雨

雨が降っていることを逆手にとった演出をすれば、恵みの雨となるでしょう。たとえば、夜のロケーション撮影で雨天の場合は、雨粒がライトに照らされてとてもロマンチックな雰囲気を演出できます。雨粒越しに2人を撮影するという演出も考えられるでしょう。ほかには、1つの傘をカップルが共有するというシチュエーションが可能であり、ウェディングフォトにふさわしいものとなります。

また、雨に濡れる街並みは、晴れた日とは雰囲気が異なり、幻想的な印象を与えてくれるでしょう。屋外であっても屋根のある場所ならば、雨天時でも安心して撮影ができます。たとえば、屋根の内側と雨の降っている外側とでコントラストが生まれ、これが2人だけの世界を演出できます。道行く人々の傘が映り込み、それが雰囲気作りに役立つこともあるでしょう。ほかにも、濡れた石畳や草木にしずくがついている様子なども演出として便利に使えます。このようにして、スタジオにいるプロのスタッフは、雨を生かした演出を幅広く考えてくれるのです。

ウェディングフォトといえば、晴天の中で撮影するものというイメージが強いかもしれません。実際に多くのウェディングフォトは、晴天時のものが多いでしょう。だからこそ、雨の日に撮影することは特別なものとなり、普通とは異なる写真を撮れます。これは2人にとっての特別な写真であることを強く印象づけるでしょう。一般的な写真とは異なるものをせっかくだから撮影したいと考えているならば、むしろ雨は都合が良いかもしれません。晴れている普通の街の中で撮影したとしても、どこかありきたりに感じてしまうものです。一生の思い出となる写真を撮影したい人にとって、雨は恵となる可能性を秘めています。

ガラス越しの雨が幻想的

雨の日の前撮りの演出として、ガラス越しの雨を利用するという方法があります。たとえば、窓辺で撮影する際には、窓ガラスに雨粒がついて、そこから見える屋外の風景がよいアクセントとなるのです。車の窓越しに車内の2人を撮影するという方法があり、これは幻想的な雰囲気を演出できます。雨粒のついた窓ごしに見る2人の姿はぼやけて見えるため、鮮明な写真にはないおもむきがあるのです。はっきりと写り込まないために、見る人は頭の中で2人の様子を思い浮かべます。その効果によって、どんどん想像力をかきたてられる写真となるのです。たとえば、ロケ車の中にいる2人がこっそりとキスをする写真をガラス越しに撮影すると、雨でぼやけるためよりロマンチックになるでしょう。はっきり写してしまうと生々しくなるのですが、雨粒のガラス越しであれば、とてもキレイな写真となります。

定番アイテムの傘が活きる

雨の日の撮影における定番アイテムが傘であり、これによって幅広い演出が可能となります。たとえば、その日の衣装に合わせて傘を選ぶことができます。和装している場合には和傘を使用することが多く、雨除けとしても活用できるため、とても便利です。晴れの日でも和傘を用いることがあるのですが、雨が降っている中での撮影のほうがより自然な写真になります。また、洋装の場合は、晴天ではそもそも演出として傘を使うことが少なく、雨天のときには傘を効果的に利用できます。晴天で相合い傘をするのは不自然ですが、雨天であればとても自然な印象を与えるでしょう。

傘を使った撮影の基本は相合い傘であり、2人で1つの傘を共有し、お互いが密着するため、とてもラブラブな雰囲気となります。和傘の場合は、傘越しに2人のシルエットを撮るという演出ができて、これはとても幻想的です。また、傘を使っていても、光に照らされた雨粒は写真に写り、それがとても幻想的な空間を生み出してくれます。傘は写真の中で良いアクセントとなってくれ、印象的な写真を撮影するのに役立ちます。傘には、さまざまな形や色のものがあり、衣装や演出によって上手く使い分けることができるのです。幅広い種類の傘を用意してくれるスタジオもあります。

水たまりが幸せを映す鏡に

雨の日にしか実現できない撮影の演出として、水たまりを利用した方法があります。水たまりには2人の姿が鏡のように映し出されるのですが、これを演出に活用すると、幸せな2人の写真を実現できるでしょう。雨が降らなければ水たまりを撮影に活用できないため、これはとても貴重な機会となります。また、上手く水たまりに2人の姿を映し出すためには、表面が穏やかになっているタイミングを待たなければいけません。実際の撮影では、2人と水たまりに映る姿の両方が写真に入るようにして撮影されることが多いです。また、水たまりにしっかりと表情が映るならば、本人たちの足元があり、その下の水たまりに映った表情の見える写真を撮影でき、これはとてもキレイです。

ただし、キレイに2人が映る水たまりができるかどうかは計算できるものではありません。そのような水たまりがある場所を探してもらうことになります。雨が降った後に偶然キレイな水たまりができることもあります。そんな水たまりを見つけて撮影に活用できれば、それはとても幸運なめぐり合わせであり、幸せな気持ちになれるでしょう。

虹がかかれば雨降って地固まる

雨が降るということは、虹がかかる可能性があり、これを写真に収められるチャンスがあるということです。たとえば、当日に雨がやむ予報が出ているならば、撮影を延期せずに待つ選択肢もあります。基本的に虹は雨が降ったあとに出てくるものであり、太陽とは反対側にかかります。ちょうどタイミングよく撮影のときに虹がかかったならば、それを背景として写真を撮影できるのです。これはとても幻想的でロマンチックであり、絶好の撮影チャンスといえます。そんなチャンスに巡り会えたならば、それはとても良い思い出となるはずです。2人の結婚を祝福する自然からの贈り物といえるものであり、雨が降ったことに感謝できるでしょう。

もちろん、雨が降ったからといって絶対に虹がかかるわけではありません。また、虹は人間の力によってコントロールできるものではなく、運任せの要素があります。しかし、少しでも虹がかかる可能性があるならば、たとえ当日に雨が降ったとしても希望を持てるでしょう。雨が降ったからといって、がっかりした気持ちになる必要はないのです。

絶好の1枚を撮れるチャンス

ウェディングフォトを行うスタジオの中には、京都のフォトマリアージュのように雨の日にどうするのか契約段階で決められるところがあります。雨の日の撮影はけっして悪いことばかりではなく、晴天では実現できない写真を撮るチャンスがあります。傘や雨粒などが良いアクセントとなり、さらに虹を背景にした撮影ができる可能性もあるのです。ひょっとしたら、雨のおかげで最高の1枚を撮れるかもしれません。このように、もし撮影当日に雨が降ったとしても、前向きにとらえることができるのです。これからウェディングフォトの契約をする際には、雨天でも撮影を続けることも選択肢の1つとして考えておきましょう。

SNSで記事をシェアする

前の投稿 ウェディングフォ… 前撮りをするのに… 次の投稿

PHOTO MARIAGE TOPICS