FOUR SIS &CO.

FOUR SIS &CO.

京都の前撮りは風情ある冬もおすすめ!メリットもたくさん!

「結婚式当日はゆっくり写真を撮る暇がない」「挙式当日とは違う衣装が着たい」などの理由で、多くの新郎新婦に人気なのが、結婚式の前撮り撮影です。前撮り写真を、ウェルカムボードやスライドショーなど、挙式当日の演出で使う人も増えています。そんな前撮り撮影の中でも、特に人気なのが京都での撮影です。ここでは、冬の京都で人気のあるロケーションや、京都でお得に前撮りをする方法、冬の前撮りがおすすめの理由などを紹介します。

京都で冬に前撮りをするメリット

冬の京都で前撮りをするメリットは2つあります。1つ目は、春や秋に比べて、安い料金で前撮りが可能なことです。春の桜シーズンや秋の紅葉シーズンの撮影は人気が高いため、どうしても金額が上がります。また、予約も取りづらい傾向にあるので、希望の日程がある場合は早めに予約をしておくことが必要です。一方、冬の場合は、春や秋に比べると撮影料金を低めに設定しているため、安い料金で前撮りができます。同じクオリティで金額を抑えられる冬の前撮り撮影は、コスパに優れているといってよいでしょう。さらに、比較的予約も取りやすいので、希望する日程をおさえやすいというメリットもあります。

2つ目は、スムーズに撮影ができることです。京都は、国内旅行の人気観光地ランキングで常に上位に入ります。特に、春の桜シーズンや秋の紅葉シーズンは人気が高く、日本人だけでなく、外国人など多くの観光客で賑わいます。人気の観光名所を旅行中に、観光客が多すぎて自分の写真に知らない人が映ってしまったり、道を歩くのに苦労したりした経験はありませんか。その点、冬なら観光客も少なめなので、上記のような不便さを感じることも多くはないでしょう。前撮り撮影でも同じことが言えます。撮影中に観光客が映り込んでしまったり、移動に時間がかかったりすることもないので、撮影がスムーズにできるでしょう。

冬に前撮りをする時のポイントは?

京都で前撮りするときのポイントは、2つあります。1つ目は、観光客の少ない冬を狙うことです。たとえば、春に挙式を控えている場合は、秋と冬のどちらに前撮りをしようか迷う人も多いでしょう。おすすめなのは、観光客の少ない冬の前撮りです。「どうしても紅葉をバックに写真を撮りたい」というような希望がある人は別ですが、そうでない人にはスムーズな撮影ができる冬をおすすめします。また、冬のうちに前撮りを済ませておけば、春の挙式で前撮り写真を利用した演出も可能です。ウェルカムボードに写真を使ったり、オープニングの際にスライドで流したりするのも良いでしょう。

2つ目は、冬ならではのスポット選びをすることです。冬の京都には、他の季節にはない冬ならではの景観があります。たとえば、積雪が残るロケーションでの撮影ができるかもしれません。その場合、雪をバックに冬の風情豊かな写真が撮れるでしょう。他にも、植物園での撮影なら冬の花、ダリアやシクラメンが写真に彩りを与えてくれるはずです。もちろん、定番のお寺や神社の撮影でも、冬の澄み切った青い空が和装の新郎新婦を、さらに凛とした印象に演出します。もっと運が良ければ、粉雪が舞う中で撮影ができるかもしれません。粉雪が舞う中、和傘をさす和装の新郎新婦。絵になると思いませんか。

冬の嵐山はおすすめの前撮りスポット!

美しい紅葉が見られる場所として有名な嵐山は、京都らしい写真が撮影できるため、季節を問わず人気の撮影スポットです。渡月橋のある桂川をバッグにした撮影は紅葉シーズンの定番ですが、冬には冬の良さがあります。冬に見せる桂川の壮大な自然を前に、厳かな雰囲気の写真が撮ることができるのです。他の季節には見られない、その厳粛な自然のさまが和装の新郎新婦をより一層美しく見せることでしょう。

また、冬は春の桜や秋の紅葉と比べると、どうしても写真の色味が寂しくなりがちです。「せっかくの前撮り写真だから、背景を鮮やかにしたいな」という人も、嵐山の竹林なら心配いりません。なぜなら、冬でも嵐山の竹林は青々としているからです。さらに、天気が良い日は上空からキラキラとした木漏れ日が降り注ぎます。竹林の緑色と艶やかな和装は相性抜群です。京都らしい写真が撮りたい人はぜひ、嵐山の竹林を検討してみてはどうでしょうか。

冬の京都御苑でバリエーション豊富な前撮りを!

広大な敷地に歴史ある建造物が並び、豊かな自然とともに季節の移り変わりを魅せる「京都御苑」は、観光名所としても名高い場所です。そのため、結婚式の前撮りにも人気があり、多くの新郎新婦の門出を見守ってきました。自然豊かな京都御苑には、和装の新郎新婦を引き立てる撮影スポットが数多くあります。広い庭園の至るところで四季折々の花が咲き乱れ、その季節ならではの写真を撮ることができます。冬に前撮りをするなら、梅や桃の花をバックに撮影するのはどうでしょうか。まるで、お雛様を思わせるような写真になるでしょう。

また、苑内には、美しい白砂利が敷き詰められています。冬の澄み切った空と、白砂利のコントラストが和装の新郎新婦を際立たせるはずです。運が良ければ、雪化粧をした京都御苑での撮影も可能かもしれません。その他、京都御苑には、常緑の松が目立つのも撮影に色を与えるポイントです。撮影の際は、松の枝が映り込むような撮影方法も品があって素敵でしょう。もちろん、「京都御所」や、「蛤御門」や「清所門」など9つの門の前での撮影もおすすめです。神聖な場所での撮影が、凛とした2人の写真を可能とするでしょう。

冬の東山で京都の街並みをバックに前撮り!

東山には、有名な清水寺を筆頭に多くの神社やお寺があります。中でも、撮影スポットとしておすすめなのは、八坂神社から清水寺までを結ぶ「産寧坂」「二寧坂」です。石畳の坂道沿いには、情緒ある京都の街並みが続きます。古き良き時代を感じさせる、雰囲気のある建物が軒を連ねているため、坂を歩く姿だけでも絵になるはずです。こちらも人気の観光名所ではありますが、冬なら比較的人も少ないため、観光客が映り込む心配もないでしょう。もちろん、八坂神社の荘厳な本殿が映り込むように撮影するのも京都らしい写真が撮れます。坂をバックに和傘を持って撮影なんていうのも、粋ではないでしょうか。

雪が残る冬の正寿院で前撮り!

SNSでも話題の「正寿院」のハートの窓は、まさに、ウェディングフォトでも人気のスポットです。かわいらしいハートの窓をバックに撮影する新郎新婦も増えています。しかし、冬の正寿院には、他にもおすすめする理由があります。まず、雪が残っている可能性があることです。時期によっては、雪が舞う中での撮影も叶うかもしれません。雪を残す正寿院なら、他の季節とはまったく違う表情を見せ、冬の雰囲気溢れる写真が撮れるでしょう。また、着慣れない和装で雪の中を歩くため、気づくと2人して顔を見合わせて笑ってしまう、そんな自然な笑顔の写真が撮れるのもポイントです。

つぎに、160枚を誇る天井画と共に撮影が可能なことです。正寿院の天井画は、「インスタ映えする」と観光客にも人気があります。前撮りの撮影でも、その彩豊かな天井画は写真を華やかに演出するでしょう。人気の観光地ですが、こちらも冬なら人は少なめです。ゆったりと撮影を行うことができ、おすすめです。

冬ならではの京都で前撮りしよう!

冬には冬の良さを演出できる京都での前撮り撮影。春や秋の観光シーズンを避けての撮影は、予算を抑えられたり、スムーズな撮影ができたりとメリットも多いのでおすすめです。冬の京都で、コスパに優れた冬の風情たっぷりの写真を残してみてはどうでしょうか。

SNSで記事をシェアする

前の投稿 前撮りは祇園!京… フォトウェディン… 次の投稿

PHOTO MARIAGE TOPICS

Pagetop