FOUR SIS &CO.

FOUR SIS &CO.

フォトウェディングでかかる費用相場は?安くするポイントをチェック

結婚をするけれども、お金がかかるため結婚式や披露宴はしたくないというカップルは増えています。そのような人から人気を集めているのがフォトウェディングであり、これならばお金はあまりかかりません。それでは実際にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。フォトウェディングにかかる費用について解説します。

安い?高い?フォトウェディングの費用相場

フォトウェディングには費用相場があるため、それをチェックすればだいたいの費用をイメージしやすいです。たとえば、マイナビウェディングによるとフォトウェディングにかかった費用で一番多いのが3万円から5万円です。そして、次に多いのが10万円から15万円となっています。3万円から5万円のプランについては、シンプルな撮影のみとなっていることが多いです。そのため、豪華な衣装を着て、しっかりとヘアメイクをしてもらい、本格的な撮影をしたいのであれば、10万円から15万円のプランにすることをおすすめします。この価格帯のプランであれば、さまざまなニーズにしっかりと対応してくれるからです。

フォトウェディングにはスタジオ撮影とロケーション撮影の2種類があります。このうち、スタジオ撮影だと3万円から5万円程度が相場となっており、スタジオ内ですべての撮影を済ませるという内容となっています。一方、ロケーション撮影の相場は10万円から25万円程度となっており、こちらは外で撮影をすることになるため、より費用がかかるのです。自分達の納得できる内容の含まれたプランを選びましょう。

このようにフォトウェディングは高くても30万円を超えることは基本的にありません。ある程度満足できる内容のフォトウェディングであれば、10万円程度でも実現することができるのです。実際に結婚式や披露宴を開催するとなると、100万円以上の費用がかかってしまうことも珍しくありません。それと比較すると、フォトウェディングというのはとても安上がりであり、なおかつ、本格的な衣装を着て写真撮影ができるため、しっかりと思い出を残せるというメリットがあります。家族やペットと一緒に撮影をしたり、自分達で用意した衣装や小物を利用したりするプランやオプションも用意されています。このような内容で10万円から15万円程度に抑えることが可能なため、フォトウェディングは魅力的なサービスなのです。

フォトウェディングでかかる費用内訳は?

フォトウェディングはパック料金となっていることが多いのですが、そこにはさまざまな内訳の費用が含まれています。たとえば、撮影代が含まれており、こちらは実際にカメラマンに撮影をしてもらうための費用のことです。基本パックでは枚数の上限が定められていることが多いでしょう。もし基本パックの枚数では満足できなくてもっと増やしたいならば、オプション料金がかかってしまうのです。さらに、フォトウェディングでは衣装をレンタルすることができて、そのための衣装代が請求されます。また、小物やアクセサリーも必要となり、そちらも基本料金の中に含まれているでしょう。ヘアメイクや着付けをしてもらう必要があり、これらも基本パックに入っていることが多いです。

他の費用としては、スタジオ撮影をするならスタジオを利用するための料金が発生します。また、照明を用意する必要があり、そちらも基本料金に含まれるでしょう。最終的に、フォトウェディングで撮影した写真はデータとして納品してもらったり、アルバムにまとめたものを受け取ったりするのですが、これらの費用がかかります。以上のような費用がフォトウェディングを利用する際に必要となるのですが、基本的なものはすべてパックに含まれているため、料金は分かりやすいです。ただし、業者ごとにそれぞれの費用内訳の金額が異なることが多いため、詳細な費用内訳をチェックしておきましょう。より内容が充実していて、費用の安い業者のサービスを利用することをおすすめします。

実際に見積りをもらう際には、費用内訳をきちんと出してもらい、疑問点についてはしっかりと質問しておきましょう。細かな費用内訳について、きちんと説明してくれるならば、その業者は信用できます。

フォトウェディング撮影で追加料金がかかるケース

フォトウェディングをしてもらう際には、さまざまなプランの中から選び、見積りを出してもらって費用に納得してから契約をするのが普通です。しかし、実際にフォトウェディングの撮影をしてもらったときに追加料金が発生するケースがあります。フォトウェディングでは基本プランが決められていることが多く、それに含まれない内容のサービスを要求すると追加料金が発生してしまうでしょう。これは事前に説明されていることが多いため、きちんと追加料金が発生する状況について確認しておくべきです。

たとえば、写真を焼き増ししてもらったり、カット数を追加してもらったりすると、追加で料金を支払わなければいけません。衣装の数を増やしてもらったり、アップグレードしたりした場合にも料金を追加する必要があります。事前に決めていた衣装を当日に着てみると、イメージとは違っていたため変更したいということがあるのです。また、自分で衣装や小物を持ち込んだ場合には、無料の場合と有料の場合があるため注意しましょう。持ち込み料が発生するのは、その業者のサービスが提携ショップを利用することを前提に体制が整っているためです。持ち込みの衣装だと余計な手間がかかってしまうため、その分のコストとして追加料金が発生することがあるため注意しましょう。また、撮影日が土日の場合には通常の料金よりも割り増しになってしまうことが多いです。これは土日が基本的に利用者の多い曜日だからです。

他には、たとえば、基本プランでは撮影のロケーションが決まっており、それ以外の場所で撮影するためには追加料金が必要なことがあります。基本プランだけでも、豊富なロケーションが用意されていることが多いでしょう。しかし、自分達の思い出の場所で撮影したいという需要もあり、そこが撮影ロケーションの候補に含まれていないケースもあるのです。この場合には、オプション料金が請求されることが多いです。また、たとえ基本料金が格安だったとしても、その内容に満足できないとどんどんオプションを追加することになり、結果的に合計額が高額になるかもしれません。必ずしも、基本プランの料金が安ければ良いわけではないのです。オプションを追加しなくても満足できる基本プランを用意しているサービスを利用しましょう。

フォトウェディングの費用1:スタジオ撮影の場合

フォトウェディングの種類の1つとしてスタジオ撮影があります。こちらはスタジオで衣装を着た状態で撮影をするプランのことです。費用をできるだけ抑えたいという人はこちらを選びましょう。相場としては3万円から5万円程度となっています。ただし、衣装によってプランが分けられていることが多く、それぞれの衣装ごとに料金相場は異なっています。洋装プランでは3万円、和装プランでは6万円から10万円程度が相場となるため、注意しましょう。この違いは、衣装の着回しのしやすさや数によって費用が変わるからです。基本的に和装の方が着付けをしてもらう必要があるため、その分だけ手間がかかり料金も高くなりやすいのです。また、和装と洋装を合わせたプランが用意されていることもあります。

スタジオ撮影だと、1カットについて数枚から十数枚程度撮影されるのが一般的でしょう。撮影された写真をアルバムにしてもらったり、すべてのカット分の写真データを受け取ったりするのはオプションとして付けられることが多いです。オプションを利用すると追加料金が発生するため、よく考えてから選びましょう。

フォトウェディングの費用2:ロケーション撮影の場合

フォトウェディングの種類にはロケーション撮影というものがあります。こちらは実際に屋外に出て、いろいろなロケーションで撮影できるのが特徴です。たとえば、その季節の魅力が感じられるロケーションが選ばれることが多いでしょう。また、時間帯を選ぶことができるため、朝日や夕日をバックにして撮影したり、夜にライトアップされた場所で撮影したりすることも可能です。そのため、とてもロマンチックな写真や幻想的な写真を撮影できるのですが、スタジオ撮影と比較すると移動をする手間がかかる分だけ費用が高くなりやすいです。そんなロケーション撮影の費用相場はだいたい10万円から25万円程度となっています。ただし、こちらも衣装のプランによって費用に違いがあり、洋装プランであれば10万円から15万円、和装プランであれば15万円程度であることが多いでしょう。

ロケーション撮影では、カップルとスタッフみんなが移動する必要があります。機材を車両で移動させるための移動費やカメラマンに出張してもらうための出張料が発生してしまうのです。さらに、1カットあたりの撮影数やカット数がスタジオ撮影より多くなってしまう傾向があり、その分だけ費用が高くなりやすいでしょう。

フォトウェディングの見積りのチェックポイント

フォトウェディングの見積りをしてもらう際には、後悔しないためにさまざまな点をしっかりとチェックしなければいけません。まずは、基本料金にどういう内容が含まれているのかを確認しましょう。不足しているものがあると、オプションを追加しなければならず、それでは追加料金が発生してしまいます。基本料金では最低限のサービスしか受けられないような場合もあるため、気をつけてください。オプションを付けることを前提としているようなプランだと、基本料金だけをチェックしていても意味がありません。たとえば、衣装の数や写真のカット数、小物の種類などが基本料金でどの程度利用できるのか確認しておくのです。

また、オプションを利用する場合に、どのくらいの料金がかかるのかもチェックしておきましょう。たとえば、写真の枚数やカット数を追加してもらったり、写真をウェルカムボードやポストカードにしてもらったりするといったオプションがあります。これらのオプションを利用するための費用を事前に把握しておきましょう。さらに、撮影の際に可能なことについてもはっきりさせておきましょう。たとえば、家族やペットとの写真撮影の有無を確認してください。これができる業者とできない業者があるのです。家族やペットと撮影するには追加料金が発生することもあります。さらに、衣装や小物の持ち込みに無料で対応してくれるのか、それとも追加料金がかかるのかもちゃんと確認しましょう。

フォトウェディングの費用を安くするポイントとは

まず、撮影日は特別な事情がない限りは平日にすることをおすすめします。基本的に、多くの人は撮影日を土日に指定することが多いため、土日の料金は高くなりやすいです。逆に、平日の撮影を希望する人は少ないため、業者としては平日の利用者を増やしたいと考えており、その分料金は休めになっていることが多いでしょう。また、衣装は着付けの手間がかからなくて、小物も少ない洋装の方が安上がりとなります。衣装に関して特別なこだわりがないならば、洋装の方が安いだけではなくて楽です。和装は着付けに時間がかかってしまったり、撮影の最中に何度も整えたりするため、それがストレスになることもあるでしょう。洋装は着るのに手伝いはほとんど不要であり、崩れてしまう心配もありません。

撮影のプランはスタジオ撮影の方が半分以下の費用となることが多いです。ロケーション撮影だと、わざわざ移動する必要があり、通行人がいたり、天候が悪くなってしまったりすることもあるため、撮影が遅れてしまう可能性があります。スタジオ撮影であれば、不測の事態が起きる可能性はほとんどないため、事前に決められた時間で素早く撮影を終えられるでしょう。また、小物やアクセサリーについては、持ち込み料があまりかからないならば、自分で持ち込んだ方が借りるよりも安上がりとなります。

フォトウェディングの費用は正確に把握することが大切

フォトウェディングは、プランの組み方しだいでは10万円を超えることがあります。もちろん、たとえ10万円以上かかったとしても、その内容で満足できるのであれば後悔しないでしょう。しかし、10万円以上の見積りをされて、そんなものだと軽く決めてしまうと後悔してしまうケースもあります。自分が本当に納得できる料金と内容でフォトウェディングができるのが一番良いのです。そのためには、フォトウェディングにかかる費用について正確に把握しておきましょう。こちらで紹介してきた内容を参考にして、カップルの納得できるプランを組みましょう。そうすれば、一生の思い出となる素晴らしい写真を撮影できます。

SNSで記事をシェアする

前の投稿 ウェディングフォ… 結婚式前に撮影し… 次の投稿

PHOTO MARIAGE TOPICS

Pagetop