FOUR SIS &CO.

FOUR SIS &CO.

ウェディングフォトで失敗しないためのポイントとは?

ウェディングフォトは一生に一度の機会に撮影されるものであり、一生残るものであるため、失敗したときにはとても残念な気持ちになります。そんなウェディングフォトを残すメリットやスタジオ選びで失敗しないためのポイントを紹介します。

一生残る!ウェディングフォトとは?

結婚は一生に一度の大事なイベントのため、それを写真という形で残しておきたいカップルはたくさんいます。写真があれば、結婚した当時のことを後になって思い返すときにとても便利です。また、将来生まれてくる子供達に結婚式の写真を見てもらうこともできるでしょう。残念ながら結婚式や披露宴に来られない人に対して結婚式の写真を見てもらうこともできます。このようにさまざまな理由からウェディングフォトが撮られることが多いです。また、ウェディングフォトは結婚式当日に写真を撮影してもらうだけではないです。結婚式の前に2人で衣装を着てスタジオで撮影をしたり、外で思い出の場所で撮影をしたりすることもできます。

ウェディングフォトとの違いがよく分かりにくいものとしてフォトウェディングがあります。フォトウェディングとは、結婚式や披露宴をしないけれども、結婚した記念として写真撮影だけをするというものです。フォトウェディングでは結婚式で着るようなタキシードやウェディングドレスなどを着て撮影することができます。フォトウェディングが選ばれる理由は、結婚式や披露宴をするのにはお金がかかってしまうため、その負担を減らすためです。しかし、結婚式や披露宴をしないと結婚するという実感が湧いてこないという人もいます。そこで、ちゃんと衣装を着て写真だけでも撮影したいというカップルのニーズに応えたものがフォトウェディングなのです。

ウェディングフォトの場合は、記念として写真を撮影するだけではなくて、結婚式の演出に利用できるというメリットがあります。ほかにも、結婚式と別の衣装を着て写真を撮影することもできるため、いろいろな衣装を着られるのは魅力的です。さまざまなメリットがあるため、フォトウェディングが選ばれています。そんなウェディングフォトなのですが、どんなものでも一生形として残ってしまうため、良い写真を撮ってもらいましょう。

ウェディングフォトの種類は3つある!

ウェディングフォトの種類の1つに、結婚式の前に写真撮影をする前撮りというものがあります。スタジオで和装や洋装をしてプロのカメラマンに撮影してもらったり、ロケーション撮影といって外の素敵なスポットで撮ってもらったりするのです。結婚式にはいろいろな段取りがあるため、当日はとても忙しい時間を過ごすことになります。また、たくさんのゲストの前で式が進められるため、緊張してしまい写真撮影をしてもらっても表情がかたくなってしまうこともあります。前撮りだと2人きりでゆったりと落ち着きながらきれいに写真を撮ってもらえます。結婚式よりも緊張しないで撮影ができるため、2人の自然な笑顔の写真を撮ってもらえます。

ウェディングフォトには、エンゲージメント撮影というものもあります。前撮りと同じで結婚式の前に撮影が行われます。ただし、前撮りとは違って、エンゲージメント撮影の場合は私服の姿を撮影してもらうことができます。自分達の好きな服を着て、好きなロケーションで撮影できるのです。普通の前撮りみたいに和装や洋装をするのは、緊張してしまって表情がかたくなってしまうことが多いです。エンゲージメント撮影だと、いつもの服を着て、いつもいる場所で自然な笑顔になった姿を写真に残せます。これから結婚をする2人のありのままの姿が写真になるため、普通の前撮りとは違った良さのある写真ができあがるのです。ただし、ちゃんとした格好をした写真も欲しいという人もいるため、前撮りとエンゲージメント撮影の両方とも行うというカップルも多いです。2つの撮影をしてもらう場合は、1日で衣装を替えながら撮影してしまうことができるのです。

そして、ウェディングフォトには当日撮影というものもあります。こちらは、結婚式や披露宴の当日にカップルの様子を撮影してもらうというものです。ゲストも含めてみんなで記念撮影したり、式場の様子を撮影してもらったりすることができます。そのため、みんなの豊かな表情が見られて、とても臨場感のある写真になります。当日、式には来られなかった人にも後で見せることができるため、結婚式や披露宴の感動を共有できるというメリットがあります。本人よりも親や親族、友人などから喜ばれるケースが多いのが当日撮影なのです。

ウェディングフォトのメリットは?プロに撮影してもらえる!

ウェディングフォトにはさまざまなメリットがあるため、ぜひとも検討してみましょう。まず、ウェディングフォトのサービスを利用すると、プロのカメラマンに撮影をお願いできます。前撮りやエンゲージメント撮影、当日撮影の3つともプロの技を使ってきれいな写真を撮ってもらえるのです。お金を節約するために写真は自分達で撮影しようという人がいるかもしれないです。ところが、素人が撮る写真はプロに撮ってもらった写真と比べるとかなり仕上がりが違ってしまいます。素人だとベストショットを逃してしまったり、写真を撮る方向がおかしかったりすることが多いです。手振れしてしまったり、白飛びしてしまったりすることもあります。プロだと基本的なテクニックがしっかりしているため、素人がするようなミスはしないです。また、プロ仕様の高価な機材を用意してくれるため、素人には絶対にできないような写真を仕上げてくれます。

ウェディングフォトで前撮りをするときには、当日とは違う衣装を着られるというメリットがあります。結婚式の衣装は大きく分けると和装と洋装があります。当日に両方着るケースもあるのですが、それだと手間とお金がかかってしまうため、和装と洋装のどちらか1つだけを選ぶことが多いです。前撮りをしてもらうと、前撮りは洋装を着て、本番は和装を着るといったことができるのです。ウェディングフォトのサービスを使えば、衣装をレンタルできたり、ヘアメイクや着付けをしてもらったりすることができます。必要なことは全部準備してもらえるため、とても楽です。

前撮りをしてもらうときには、一緒にエンゲージメント撮影もお願いしましょう。2人がキレイに和装や洋装で決めている姿だけではなくて、2人が私服で自然な雰囲気になっている姿も写真に撮ってもらえるのです。また、前撮りやエンゲージメント撮影の場所はスタジオだけではなくて、外で撮影することもできます。たとえば、その地域の有名なスポットで撮影したり、2人の思い出の場所で撮影したりすることができるのです。桜や雪などがキレイなスポットを選ぶと季節感のある写真を撮ることもできます。このようなウェディングフォトの撮影は衣装を替えたり、移動をしたりするため、意外と忙しいです。1日中ずっと撮影のための時間を取られてしまうことが多いです。これはとても大変なのですが、2人がずっと一緒で撮影をするため、それは2人だけの素敵な思い出になるでしょう。

一般的なウェディングフォトの流れを確認

ウェディングフォトで写真を撮ってもらいたい人は、どの会社に撮影してもらうのか選びましょう。たくさんの会社があって、用意している衣装の種類が違ったり、オプションの種類が違ったりするのです。料金や撮影場所なども違っているため、2人で相談をして希望している条件に合った会社に申込みをしましょう。ホームページをチェックすれば、サービスの詳しい情報が分かります。サービスでわからないところや不安なところは、電話やメールで問い合わせをしておきましょう。申込みの方法はネット上でできたり、店頭や電話などで受け付けてくれたりするため、都合の良い方法を選びましょう。

また、最初にプランを選ばないといけないところが多いため、プランについても考えておきましょう。プランの内容で足りないものはオプションを追加することで補うことができます。最終的にどのくらいの料金がかかるのか見積りをもらってください。料金の支払いは前払いと後払いがあって、現金やクレジットカード、銀行振り込みなどで支払います。

申込みが終わったならば、当日に撮影をしてもらうことになります。前撮りやエンゲージメント撮影をするならば、挙式の前に撮影をします。スタジオ撮影とロケーション撮影の2種類があります。スタジオ撮影では衣装を着てから、さまざまなセットの中で撮影が行われます。ロケーション撮影では、季節を感じられる素敵なスポットや2人の思い出の場所を選んで、2人の撮影をします。プロのカメラマンがいて、ほかにもたくさんのスタッフが協力をして2人のために撮影を進めてくれます。当日撮影をしてもらう場合は、式場にカメラマンが来てくれて、たくさんの写真を撮ってくれます。

そして、撮影が終わったならば、後で写真を納品してもらいます。たとえば、アルバムを作ってもらったり、写真のデータをそのままの形で受け取ったりするのです。後で写真を焼き増ししてもらうこともできます。写真やアルバムは1つだけではなくて同じものをたくさん用意してもらうこともできます。もし結婚式の通知状や当日の演出で写真を使うつもりならば、データで納品してもらえば早く受け取れます。写真を撮影した当日にデータを手渡ししてくれるような会社もあります。

失敗しないウェディングフォトのポイントとは?

結婚式の機会は人生でたった1度のため、ウェディングフォトが成功するようにしっかりと準備をしておきましょう。ま+S3ず、結婚式の演出と一緒にウェディングフォトの撮影プランを考えましょう。たとえば、結婚式のビデオの演出に写真を使うことができるのです。前撮りをした写真を当日に使うことで、素敵な結婚式の演出ができます。本番でどんな演出をするのか考えて、どんな写真が欲しいのか決めましょう。結婚式に使える写真を撮るための撮影プランを選びましょう。演出を考える前に撮影プランを決めてしまうと、実際に撮った写真が結婚式の演出に使えなくなるかもしれないです。式の雰囲気に合わない写真ができてしまうと、当日の演出に困ってしまいます。

また、複数の会社やスタジオを比較することもウェディングフォトに成功するために大事なポイントになります。ウェディングフォトの会社やフォトスタジオによって、料金や撮影プランが変わってくるのです。インターネットを使ったり、資料請求をしたりすると、それぞれの会社やスタジオの情報を集められます。それらを比べて、2人に合った会社を見つけましょう。実際に会社やフォトスタジオを選ぶときには、まず希望条件をまとめておきます。どのくらいの予算があるのか計算をしてみて、その予算内におさまる料金プランの会社を探しましょう。

もしロケーション撮影をしたいならば、それに対応してくれる会社を見つけます。ロケーション撮影については、事前にスポットが決められている場合や自分達の好きな場所で撮影できる場合もあります。子どもやペットと一緒に撮影させてくれる会社もあります。細かい希望がある場合は、それに対応してくれる会社を見つけなければいけないです。また、撮影の衣装を意識する人はたくさんいるのですが、ヘアセットやメイクのことまで考えていない人が多いです。希望しているヘアセットやメイクがあるなら、きちんとスタッフに伝えておきましょう。プロのスタッフが担当してくれるのですが、それでも自分に似合わないヘアセットやメイクにされてしまうこともあります。希望があるときには、それに対応してもらった方が後悔しないでしょう。

ポイントを押さえて納得のいく写真撮影を!

結婚式の機会は人生でたった1度のため、ウェディングフォトが成功するようにしっかりと準備をしておきましょう。まず、結婚式の演出と一緒にウェディングフォトの撮影プランを考えましょう。たとえば、結婚式のビデオの演出に写真を使うことができるのです。前撮りをした写真を当日に使うことで、素敵な結婚式の演出ができます。本番でどんな演出をするのか考えて、どんな写真が欲しいのか決めましょう。結婚式に使える写真を撮るための撮影プランを選びましょう。演出を考える前に撮影プランを決めてしまうと、実際に撮った写真が結婚式の演出に使えなくなるかもしれないです。式の雰囲気に合わない写真ができてしまうと、当日の演出に困ってしまいます。

また、複数の会社やスタジオを比較することもウェディングフォトに成功するために大事なポイントになります。ウェディングフォトの会社やフォトスタジオによって、料金や撮影プランが変わってくるのです。インターネットを使ったり、資料請求をしたりすると、それぞれの会社やスタジオの情報を集められます。それらを比べて、2人に合った会社を見つけましょう。実際に会社やフォトスタジオを選ぶときには、まず希望条件をまとめておきます。どのくらいの予算があるのか計算をしてみて、その予算内におさまる料金プランの会社を探しましょう。

もしロケーション撮影をしたいならば、それに対応してくれる会社を見つけます。ロケーション撮影については、事前にスポットが決められている場合や自分達の好きな場所で撮影できる場合もあります。子どもやペットと一緒に撮影させてくれる会社もあります。細かい希望がある場合は、それに対応してくれる会社を見つけなければいけないです。また、撮影の衣装を意識する人はたくさんいるのですが、ヘアセットやメイクのことまで考えていない人が多いです。希望しているヘアセットやメイクがあるなら、きちんとスタッフに伝えておきましょう。プロのスタッフが担当してくれるのですが、それでも自分に似合わないヘアセットやメイクにされてしまうこともあります。希望があるときには、それに対応してもらった方が後悔しないでしょう。

 

SNSで記事をシェアする

前の投稿 挙式なしでも形の… フォトウェディン… 次の投稿

PHOTO MARIAGE TOPICS

Pagetop