FOUR SIS &CO.

FOUR SIS &CO.

ウェディングの前撮りで持ち込みたいものは?ポイントや注意点も解説

ウェディングの前撮りをするメリットのひとつは、時間をかけて納得のいくウェディングフォトを撮影できることです。結婚式当日には着ないドレスを着たり和装をしたりと、思いきり衣装を楽しむこともできます。撮影では、衣装はもちろん専用の下着やアクセサリーなどの小物類まで、さまざまなものが必要になります。細部までこだわって撮影をしたいのであれば、個人的に持ち込みたいものもあるでしょう。ここでは、どういったものなら持ち込めるのか、また持参したほうがよいものは何かなどを解説します。

撮影で着用する衣装は持ち込みできる?

前撮りの際に着用する衣装は、通常はフォトスタジオでレンタルできます。特に衣装にこだわりがないのであれば、レンタルを利用するほうがよいでしょう。というのも、通常はフォトプランに衣装のレンタル代が含まれているため、自分で用意するよりもレンタルするほうがお得になるからです。なかには、衣装にこだわりがあって自分で用意して持ち込みたい人もいるでしょう。レンタル衣装のなかに気に入ったデザインでサイズの合う衣装がないケースもあります。

衣装の持ち込みは、スタジオによって対応が異なります。持ち込みは無料というところもあれば有料のところもあります。プラン料金から衣装のレンタル代が値引きされるスタジオもあります。また、持ち込みは無料でも、和装の着付けを希望する場合は支度料がかかるケースもあります。そのため、衣装を用意する前に持ち込みできるかスタジオに問い合わせるのが先決です。持ち込める場合は、料金がかかるかどうかも聞いておきましょう。

和装で持ち込みした方がいいアイテム

前撮りの衣装では、和装も高い人気を集めています。これは、結婚式ではウェディングドレスを着る人が多く、前撮りでは違うタイプの衣装を着て撮りたいといった要望があるのでしょう。前撮りで和装を着る場合、フォトスタジオで着物をレンタルすることもできますし、自前で着物を用意して持ち込むことも可能です。ドレスと同様に、持ち込みへの対応はスタジオごとに異なります。別途料金がかかることもありますので、必ず事前に確認しましょう。

レンタルできる和装小物もありますが、肌に身につけるものは基本的に自前で用意するケースが多くなります。着物は、ドレスとは違って寸胴体型のほうが映え、着崩れもしにくくなります。そのため、和装ブラジャーや和装ショーツなどの着物用下着をつけるのが望ましいでしょう。和装ブラジャーは胸のふくらみを抑えて平らにしますし、和装ショーツは下着のラインが表から見えないようになっています。くびれの大きな女性は、ウェストにタオルを巻くといった体型補正も必要です。直接肌に触れるものについては、持参したほうが気持ち的に安心です。

ブラやショーツの上には、肌襦袢(はだじゅばん)や裾よけなどの着物用下着を身につけます。肌襦袢は、一般的な着物用のものではなく衿ぐりの広い婚礼衣装用のものがよいでしょう。裾よけは、長襦袢の汚れを防ぐためにつけます。肌襦袢と裾よけがつながった一体型が着やすくて便利です。着物を着る際に欠かせない腰ひもや足袋(たび)も、自前で用意することの多い小物です。ただし、スタジオによっては下着類も含めて和装小物がすべてパックに含まれているケースもあります。どんな小物を用意すべきかスタジオに問い合わせて、必要なものだけをそろえるようにしましょう。

衣装を持ち込む場合のポイントと注意点

ここで、衣装を持ち込む際のポイントや注意点をまとめておきましょう。まず、衣装の持ち込みが可能かどうかをフォトスタジオに問い合わせます。その際、有料か無料か、有料であれば1着につきいくらかも聞いておきましょう。衣装の持ち込みができる場合は、搬入のタイミングを確認しておきます。スタジオによって、当日持参のみ・数日前より預かりなど、搬入のタイミングはさまざまです。同時に、衣装の保管方法も聞いておきましょう。吊るしておくだけのところもあれば、別途料金でドレスのしわ取りまで行ってくれるところもあり、対応やサービスはスタジオによって異なります。

当日の撮影の流れも確かめておきましょう。撮影の段取りや衣装の着替え場所も気になるポイントです。スタイリストさんに同行してもらうときは、待機できる場所や着替えられる場所などを確認してスタイリストさんに伝える必要があります。基本的には、ほとんどのフォトスタジオが衣装をレンタルしています。これから衣装を探すというのであれば、先にフォトスタジオで実際のレンタル衣装を見せてもらうのもよいでしょう。さまざまな衣装が用意されていますので、理想のイメージに近い衣装に出会えるかもしれません。

髪飾りなどのアイテムはどうすべき?

ドレスでも着物でも、ヘアスタイルやヘア小物によって見た目の印象は大きく変わります。特に髪飾りなどのアイテムは、衣装に合わせてこだわりたいポイントのひとつです。衣装を持ち込む場合はもちろん、衣装をレンタルする場合でもヘアアイテムにはお気に入りのものをつけたいという人もいるでしょう。小物類の持ち込みは、多くのフォトスタジオで可能です。とはいえ、対応してないケースや有料になるケースもありますので、念のため事前の確認は必要です。ただし、スタジオでもたくさんの髪飾りやアクセサリー類をそろえています。イメージに合うアイテムが見つかる可能性も高いので、一度見せてもらったほうがいいでしょう。

なお、アイテム類をスタジオでレンタルするときは、フォトプランに含まれていることもあれば、別途料金が必要なこともあるため確認が必要です。持ち込みたいものに関してわからないことや困ったことがあれば、スタジオのフォトプランナーなど担当者に相談してみましょう。フォトプランナーとは、新郎新婦の要望に沿って撮影内容を提案したり、希望を叶えるためにさまざまなサポートを行ったりするスタッフのことです。アイテムを持ち込む際の注意点だけでなく、レンタルできるアイテムのなかから衣装に合うものを探してイメージに近いものを提案してくれるなど、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

撮影に使う小物類は持ち込みできる?

スタジオ撮影でもロケーション撮影でも、さまざまな撮影小物を使用することで、ほかにはないユニークな写真を撮ることができます。たとえば、ハート方のバルーンをたくさん手に持てばポップで明るい印象になります。また、ワイヤーを通した赤い毛糸で「LOVE」「寿」などの文字を作成して新郎新婦の小指にひっかけて撮影すれば、「運命の赤い糸」を思わせるロマンチックな演出になります。台紙を抜いて枠だけにしたフォトフレームや手づくりのオブジェを並べたガーランドなど、前撮りで使われる撮影小物には実にいろいろなものがあり、アイデアの見せ所といえるでしょう。

撮影小物は持ち込み可能なスタジオが多いですが、わざわざ持参しなくてもスタジオで用意できる小物もあります。事前に持ち込みたいものを伝えて、借りられるかどうか確認するほうが賢明です。ものによっては、スタジオで借りたほうがよい場合もあるからです。たとえば、和装での撮影では番傘を持ったり背後に配置したりして撮るのが人気の演出です。しかし、番傘を購入しても、撮影が済めば保管場所に困ってしまうでしょう。思い出として残しておくのもよいですが、スタジオで借りられるなら処分に困りません。また、撮影当日に持参する荷物も少なくなり、運搬の手間も省けます。こだわりの撮影アイデアがある場合は、どこまで持ち込みできるのか、どこまでイメージを再現できるのかをフォトプランナーに相談してみましょう。プロの提案によってさらに素敵な撮影になることも多いからです。

持ち込みした方がいい小物類とは?

ガーランドやフォトプロップス、赤い糸といった定番の撮影小物はフォトスタジオでそろうことも多いため、自分たちで用意せずにレンタルで済ませてしまいましょう。しかし、絶対持ち込んだほうがいい小物もあります。その代表例が、婚約指輪と結婚指輪です。リングはふたりのためだけの特別なものなので、必ず持ち込みたいアイテムです。手元をアップにしたりプロポーズ風にしたりと、さまざまなパターンの写真が撮影できます。また、ふたりの共通の趣味を活かした撮影など、自分たちにしか用意できないアイテムがあるときは、当然持ち込みになります。たとえば、ふたりで好きなアニメキャラのコスプレをして撮影するときは、衣装を持ち込む必要があります。ふたりの趣味が楽器演奏であれば、音楽の趣味を活かした写真にするために自前の楽器を持ち込むケースもあるでしょう。

ただし、小物の種類によっては持ち込みが難しいこともあります。当日の搬入が大変になる場合は、スタジオから断られるかもしれません。事前に確認しておけば、準備しておいたのに断られて使えなかったといった失敗を防げます。なお、撮影用の小物というわけではありませんが、あると便利なのが小さな手鏡です。特に、ロケーション撮影では近くに鏡がないことが多いため、新婦は持っていったほうがよいでしょう。風で前髪が乱れたときなど、そっとのぞいて撮影前に直すことができます。

小物を持ち込む際に押さえておきたい注意点

前撮りの撮影で何らかの小物を持ち込むときは、必ず持ち込んでもよいかどうかを確認しましょう。有料か無料かを確かめることも必要です。また、前撮りをするときは、事前にフォトプランナーと打ち合わせを行い、どんなイメージの写真を撮るか決めていきます。そのときに、何を持ち込みたいかを忘れずに伝えておくようにしましょう。フォトスタジオでも借りられるものであれば教えてもらえます。なお、撮影当日は何かと忙しくなりますので、持ち込み予定の小物を忘れないように注意しましょう。

ウェディングフォトでは、生花の髪飾りが人気です。ドレス姿にも和装にも合い、瑞々しく華やかな印象を演出できるのが人気の理由でしょう。前撮りで生花を使いたい場合は、まずヘアメイクでセットしてもらえるかどうかの確認をする必要があります。生花を使ったセットをしてもらえるのであれば、花屋さんにオーダーしましょう。生花は、事前に余裕を持ってオーダーしておくことが大切です。撮影日の前日や当日に急に頼んだりすると、店内にある花のなかから選んでつくらざるを得なくなり、希望の花が使えない可能性があります。

持ち込むべきものはスタジオかロケーション撮影かでも異なる

前撮りの撮影では、屋内で行うスタジオ撮影と、屋外で行うロケーション撮影の2種類があります。スタジオ撮影は着替えの場所に困ることがなく、天候に左右されることもないため、落ち着いた雰囲気のなかで撮影に臨めるのが魅力です。ロケーション撮影は、結婚式場のチャペルやガーデン、和の情緒に満ちた神社や美しい庭園など、衣装に合わせて希望の場所で撮影できるのが大きな魅力でしょう。どちらにするかは好みに合わせて決めればよいことですが、それぞれ持ち込みできるものが異なる点に注意が必要です。

スタジオ撮影の場合、家具などの小道具類や背景などが豊富にそろっているうえ、レンタルできるアイテムもたくさん用意されています。どういったものを持ち込んで使えるのか、何をレンタルすればより魅力的な写真になるのかは、フォトプランナーに相談してから決めましょう。ロケーション撮影の場合は、自然の風景が新郎新婦を引き立たせてくれる小道具として役立ちます。たとえば、桜の季節に花吹雪が舞えば、それだけで十分美しく被写体を引き立ててくれるでしょう。季節やロケーションによっては、無理に小物を持ち込まなくてもよい場合があるのです。

フォトプランナーに相談してみよう

前撮りをする大きなメリットは、時間をかけて準備を整えられること、当日は撮影に集中してカップルにふさわしいウェディングフォトが撮れることです。結婚式での記念撮影ではかしこまった写真になりがちですが、前撮りであれば背景やポーズ、演出にも凝ることができます。そのため、満足できる写真を撮れる確率が高くなります。基本的に、ドレスインナーや着物下着などを除けば、撮影に必要なものはフォトスタジオでレンタル可能です。

しかし、イメージ通りのウェディングフォトにするために、衣装や髪飾り、小物類などを持ち込みたいというカップルも多いでしょう。持ち込みできるものはスタジオによって異なりますので、準備する前にスタジオに確認をとることが大切です。前撮りで持ち込みたいものがあれば、まずはフォトマリアージュのフォトプランナーに相談してみましょう。フォトプランナーは、最高の一枚が撮れるように全面的に新郎新婦をサポートする心強いスタッフです。持ち込めるものの確認やスタジオで借りられるものの案内はもちろん、魅力的な撮影小物の使い方を提案してくれるでしょう。

SNSで記事をシェアする

前の投稿 ウェディングは一… 何をいつから決め… 次の投稿

PHOTO MARIAGE TOPICS

Pagetop